今日のよもやま話

歯医者は行きたくないけれど

歯医者に行くのが好きと言う人はいない気がしますが、以前と比べてずいぶんと違ったイメージになった気がします。
と言うのも、開業医が増えれば増えるだけ患者=お客様とう捉え方をされるようになり、治療だけだはなくドリンクなどのサービスをしている歯科もある程です。

歯医者に行くのは大抵、歯が痛くなったから。そして、行ったら行ったで治療も痛い。。。
これでは、イメージが悪くなるのも仕方がありません。

ただし、最近は予防治療というコンセプトの歯医者も増えており、歯磨きの仕方など虫歯にならないような指導もされています。
いつまでも自分の歯でいるためにも、虫歯にならなくても定期的な検診を受けるのが良いようです。

一方でインプラントなどの治療を受ける人が多く、治療の料金もピンキリとなっています。
歯茎に人工の歯根を入れるわけですから、当然痛みもありますし、すべての人が成功するわけではないらしいです。
保険が効かない上に、治療の成果も確実ではないとなると、ちょっと腰が引けてしまいますね。

インプラントを受けるより、入れ歯を作る方が抵抗はないかも知れませんが、入れ歯になってしまうと、美味しいものを食べる楽しみも減ってしまいますから、歯は大切にしたいものです。