今日のよもやま話

ドラッグストアは何屋さん?

マツモトキヨシ以降、ドラッグストアのイメージはずいぶんと変わった様な気がします。

ドラッグストアの名前そのものから思い浮かぶのは薬局ですが、実際のところ扱っているものは薬だけではありません。
むしろ、マツモトキヨシなどが若い女性に人気が出た理由は薬よりも化粧品などを多く扱っているからでしょう。
ドラッグストアの中には、薬や化粧品だけに収まらず食料品や衣料品などを扱っている店もあり、スーパーと見分けがつかないほどの所もあります。

最近では通販を行っているドラッグストアもあり、ネットから欲しいものを簡単に買うことが出来る様になりました。

ちょっと不便なのは、薬剤師がいない時間帯には販売されていない薬があることでしょうか。
調剤薬局も含むドラッグストアならそういうことはありませんが、一般の店舗の場合は1~2名の薬剤師がいる程度なので、休憩時間中などは購入することが出来ません。
一般的に、カウンターの後ろなどお客さんの手が届かない場所に置いてある薬は薬剤師がいない時間は買うことが出来ないので、確認をしておくと良いでしょう。
逆に言えば、ほとんどの場合は店内で手に取れる薬は問題ありません。

コンビニと同じく、自宅の近くにあって助かるのはドラッグストアですね。