今日のよもやま話

タブレットのおすすめは?

ちょっと前までタブレットといえば、錠剤などをイメージしていましたが(私だけでしょうか?)、今はパソコンの代わりの情報機器を指すことがほとんどになりました。
日本人にとってあの四角くて平たい板の様なものがタブレットと呼ばれることに違和感がありますが、元々の意味として金属や石、木などで出来た平板のことを言いますから、実にぴったりな名称といえます。

自宅にパソコンがあって、スマホも持っているとなると、タブレットは中途半端な位置づけになりそうですが、実際に使ってみると手放せない便利さがあります。
ノートパソコンを持ち出すほどではない外出の時などにも、タブレットを鞄に入れておけば、メールのチェックはもちろん、ワードやエクセルなどを使ったちょっとした仕事も可能です。
特にアマゾンのkindleシリーズなどは、多くの本を持ち出すことが出来ますから旅行に行くときには手放すことができなくなります。

スマホと同じく、アップルのiPadが人気なわけですが、アンドロイドやwindows搭載のものなど、選択肢はとても多くあり、価格も様々です。

おすすめの機種と言っても、その人が何に使おうとしているかによって全く変わって来るでしょう。

外出先で映画を観たり、ゲームをしたいというのならそれなりのスペックが必要でしょうし、ノートパソコンの代わりに会社の仕事をしたいというのなら、windowsモデルが便利かもしれません。

中国製の格安タブレットでも、様々な特徴を持っており、自分の用途にぴったりならば必要十分な性能といえます。

起動も早いので、タブレットを買ったらパソコンを開く頻度が少なくなったという人も多いようですね。